カテゴリ:掲載情報( 8 )



季刊エス41号(1月号)のPrivate Spaceのコーナーにて、
インタビュー記事を載せていただきました。

内容は今の職に就くまでの経緯とか、どんな学生だったかとかです。
自分の半生みたいな感じなので、ちょっと恥ずかしいのですが、こんな人も
いるのかと思って読んで頂けたらと思います。
ご興味ある方はぜひ!

季刊エスさんはこの度リニューアルをなさいました。
まだ段階的な感じですが、今号からちょっと違う感じになってます。
よりカルチャー色が濃くなってます。

e0213840_0393732.jpg


************************************
[PR]
by enomirai | 2012-12-18 00:38 | 掲載情報 | Comments(3)
前々からお伝えしていた、私の絵物語3作目が掲載されている
「少女世界第6号」/飛鳥新社が発売となりました。

e0213840_2349226.jpg


紙媒体で自分の作品が発売されるという幸せを3回も味わい、とても幸せです。
企画にさそってくださった季刊エス編集長の天野さん、担当についてくださった佐々木さんに
感謝です。





私のは下の画像の上から3段目、左から2番目のリスの絵の作品です。
描き終えたのは去年の1月。
なんだか懐かしいです。
気になった方は是非、読んで見てください。

私はみねたさん、日夏さんの作品が好きだなぁ。
やりきってる感がいい。

それから、絵物語の「少女世界」「少年之國」の企画は今後はwebに移行するそうです。
どんな感じになるのか楽しみですね。

e0213840_23495367.jpg
[PR]
by enomirai | 2012-11-29 00:18 | 掲載情報 | Comments(0)

廻るピングドラム

今回の掲載情報は私のものではないのですが、e0213840_14155568.jpg
小林プロダクションの先輩である、中村千恵子さんと秋山健太郎さんが美術を担当された「廻るピングドラム」の記事が掲載された季刊エス37号の紹介です。

中村さんと秋山さんは私も同時期に小林プロダクションで働いていました。
記事内容は各場所の美術の成り立ちや技術面、考え方などが載っていて、背景美術好きさんや背景美術を目指す方にもいいと思います。 背景もいろいろ大きめ載っているので楽しめますよ。

あと中村祐介さんとアジカンの後藤正文さんの対談記事も面白かったです。ミュージシャンとイラストレイターのこういう関係性があるもんなんだなぁとちょっとびっくりでした。

*******************************
[PR]
by enomirai | 2011-12-27 14:45 | 掲載情報 | Comments(0)

少年之國第三号 その②

e0213840_1250711.jpg感想を書くと言って間が空いてしまいました。すいません。
感想はというと、「勉強になるなぁ~」です。みんなそれぞれ違うので、
自分に足りない所も見えてきたりします。

わたしは「あす菜」さんの作品を見て、画面のレイアウトの自由さに羨ましさを感じました。
自分の作品のレイアウトはまだまだ硬いので、見習わないとと思いましたよ。

自分の作品は、自己満足できる部分があったり、反省点があったりです。手描き感が出ているのは良いところだと思います。

下の画像は裏表紙です。 私のは一番上の段の真ん中になります。(わかりずらいですが)

少年之國第3号=amazonへジャンプ

e0213840_1301798.jpg

他の作家さんは平田秀一さん , 六七質さん , 藤ちょこさん , あす菜さん , 福島敦子さん, Diteさん , 森美夏さん , ほにゃららさん , FScさん です。

保坂有美の第2作目絵物語。「またあした」。 是非、読んで見て下さい。
もし、読んでくださった方がいたら、感想など頂けると嬉しいです。

お仕事も募集中です。右のカテゴリー覧の「お仕事募集」にメールアドレスなど載せています。
[PR]
by enomirai | 2011-06-20 13:15 | 掲載情報 | Comments(0)

「少年之國」第三号

久々の更新ですね。ネタがなくて、なかなか書く事ができませんでした。

今回は待望の「少年之國」第三号の発売が決まりました。
アマゾン情報によると、6月9日だそうです。
私もまだ手にとってないので、届くのが楽しみです!

今回の作品は私は気に入ってます。
一生懸命に描いているなかで、楽しさもチラホラありました。(あとは必死!)
その一瞬、感じられる楽しさが、かなり重要ですよね。

「自由に作ってください」と言われて、各々方がそれに答えて自分の表現を
するという、貴重な場になっている雑誌です。

他の方々の作品も楽しみです。

また、読んだら感想書きます。e0213840_0541728.jpg

少年之國第3号---アマゾンへジャンプ(6月9日発売な                          ので今は予約中)

「少年之国」第三号 [単行本]
平田秀一 , 保坂有美 , 六七質 , 藤ちょこ , あす菜 , 福島敦子 , Dite, 森美夏 , ほにゃらら , FSc
[PR]
by enomirai | 2011-06-08 01:05 | 掲載情報 | Comments(0)

あまりお知らせ出来ることなく、更新が滞っていました。お久しぶりです。

この度、季刊エス33号に、インタビューを載せていただきました。

e0213840_18575367.jpg

絵物語集「少女世界」で描かせていただいた、「ネガイゴト」
次に発売になる「少女世界」の姉妹誌、「少年之國」に掲載予定の「またあした」の原画を取材していただいた記事です。

エスの本誌に載せてもらえるとは思わなかったので、この取材のお話を頂いたときは、とても驚きました。でも、嬉しいです。

今回の季刊エスのテーマは「情景の美学」。 エスさんにとっては珍しい企画なのかもしれません。
「情景」ということで、アニメの背景界から、平田秀一さん、
木村真二さん、山本二三さん
 がインタビュー、対談などで出ていらっしゃいます。
                                          Amazonへジャンプ・・・*

アニメの背景を目指している人や、背景を描かれてる方々も読んでも面白いと思います。
銀灸さん の背景講座も背景目指している方が読むと、とても参考になりますよ。

背景をお仕事にしている人達が何を考えながら、仕事をしているのか、背景をやっている私でさえ知る機会
はほとんどないので、私にも参考になる1冊です。田中達之さんのお話も面白かったですね。


今年中に発売(予定)の「少年之國」第3号。
私の描いた、「またあした」は自分でもちょっと気に入った作品なので、興味のある方は
是非、読んでもらいたいと思っています。平田秀一さんの作品も掲載予定だそうですよ。
[PR]
by enomirai | 2010-12-15 19:58 | 掲載情報 | Comments(0)

はじめての物語

e0213840_22122619.jpg
* 絵物語集 「少女世界」第2号 (飛鳥新社)

 この雑誌は雑誌季刊エス、SS、が企画した期間限定の絵物語集です。
 「少女世界」と「少年之國 」の2種類で発刊しています。

 ここに載っている作家さんたちは、人にもよりますが、物語を書くのが
 初めての方々だそうです。(ちなみに私もなんですが)
 漫画形式、絵本形式、モノクロ、カラー・・・・いろんな形式で描かれています。
 
 
 私は企画に誘われたときに、「どうしよう、お話なんて書いた事ないよ・・・。」
 と思いながらも、決心して、参加しました!
 絵を描く私からすると、文章って絵よりもストレートに自分の思ってる事が相手に伝わる気がして
 なんか恥ずかしい感じもありましたが、がんばりました!
                
 結論からいうと、やってよかった!自分の世界が広がったような感じです。
 やってるときは、不安だらけでとにかく必死でした。でもその「不安と必死さ」は
 私にとってはプラスになったと思います。
 それが本になって自分の手に帰ってきて、誰かが読んでくれるって、幸せなことです。
 

e0213840_22562036.jpg 「ネガイゴト」というタイトルです。ご興味ある方は読んで見てください(この絵は表紙です)。カラーページの多い号なので、色とりどりの作家さんが楽しめますよ。 
Amazonへリンクします。

参加作家さん:表紙:陳淑芬、丹地陽子 こより foo* HIME+YOU タイキ クロミチ 保坂有美 ちび ちず きみ N*M




e0213840_1971321.jpg

<・・・・・こんなネコちゃんと女の子の物語です。






お仕事募集中です。右の欄にメールアドレスありますの     で、よろしくおねがいします。・・・・・・・・・・・・・・>
[PR]
by enomirai | 2010-11-03 23:25 | 掲載情報 | Comments(0)
e0213840_1726416.jpg *季刊エス21号 「メルヒェン」(飛鳥新社)

 これが、初めてイラストを載せていただいた雑誌です。
 2008年に発売だったかな?見開きで1枚。
 アニメーションの背景の仕事をしていて、まさかこんな仕事を頂ける
 なんて思ってもみない事で、びっくりしました!

 反面、「どうしよう、描けるんだろうか・・・」って不安にもなりました。
 「背景ばっかり描いてたから、自分のオリジナルの絵なんて、ない
 よ~!」って感じで(笑)

 でも、必死にやりました。そしてやってよかったです。自分の絵が本
 になって手元に来て、それを見たときにはものすごく感動しました。

 思い出の1冊です。
  (今見ると絵がまだまだでちょっと恥ずかしいんですが。)
 誘ってくださった、季刊エスさんに感謝です。

   *Amazonへのリンクはこちらから
[PR]
by enomirai | 2010-11-02 18:29 | 掲載情報 | Comments(0)

保坂有美のブログ。 現在、アニメの背景、絵本、イラストのお仕事をしています。   このブログの画像を無断転写、複製は禁止します。


by enomirai
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30